【WordPress】投稿記事内に検索窓を設置する方法

記事内に検索窓を設置する方法を紹介します。

search_form

スポンサーリンク

ショートコード

ショートコードはあらかじめ設定した関数を投稿記事で呼び出す機能です。

テーマのfunctions.phpなどに

と記述しておくと、投稿記事内に

と書くことで「検索窓」と表示されるようになります。

この機能を使用して検索窓を設置できるようにします。

検索窓の取得

で検索窓のHTMLを取得できます。

使用しているテーマに「searchform.php」がある場合はそれが、ない場合はWordPressで用意されているデフォルトのものが取得されます。

検索窓を設置する

検索窓を表示できるようにショートコードを追加します。

後は投稿記事内に[search_form]を書くだけです。

あらかじめ文字を入力する

ショートコードから引数を渡すことも可能です。

のようにあらかじめ検索窓に入力させる文字を渡せるように修正します。

WordPressの検索フォームは以下のコードで生成されます。

またSTINGER7では以下のフォームが生成されます。

「the_search_query」は「get_search_query」の返す値を出力するので、どちらも「get_search_query」を使用しています。

ほとんどのちゃんとしたテーマであれば同様のことがいえます。

したがってこの「get_search_query」が返す値がショートコードで渡された値になれば良いということになります。

以下のようにすることでそれが実現可能です。

動作確認

投稿記事に「[search_form q="動作確認 ショートコード"]」と書いてみます。

「動作確認 ショートコード」とあらかじめ入力された検索フォームが表示されました。