【WordPress】よく使うフィルタ・アクション【初期設定系】

wordpress-logo

プラグインやテーマ開発でよく使うフィルタ・アクションを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

初期設定系

管理画面・フロント

init

WordPressのロードが完了してユーザーの情報が使える状態になった後に呼ばれるアクションです。

注意すべきなのはこの時点ではまだ記事情報は使用できません。

ユーザー情報は以下のようにとることができるので、それを使用した処理を行うことができます。

例:ユーザーが会員でない場合に登録ページにリダイレクトする

wp_loaded

「init」の後に呼ばれるアクションです。

他のプラグインも「init」でいろいろな初期化を行う場合があります。

全ての「init」が終わった後に何か動作させたい場合に使用します。

例:有効化している特定のプラグインのフィルタを外す

管理画面

admin_init

管理画面をカスタマイズするときによく使用します。

これをフックした関数でメニューを追加したり設定画面を作成するためのフックを行ったりします。

フロント

template_redirect

Headerの送信と記事情報がセットされた後に最初に呼ばれるアクションです。

まだbodyの出力は行われていないので、記事情報を使用したリダイレクトを行うことができます。

例:特定のカテゴリーの記事に会員登録していないユーザーがアクセスできないようにする