開発

開発

npmパッケージ公開時にpackage.jsonのバージョンが正しいかチェックするGitHub Action

概要 想定しているフロー default branch からリリース用ブランチを作成(例:release/v1.2.3)機能追加用ブランチ(例:feature/#123)やバグ修正用ブランチ(例:fix/#321)を切って開発...
開発

GitHub Actions のリリース手順を自動化する GitHub Actions

GitHub Actions の種類にはDockerコンテナ版とJavaScript版があります。 元々はDocker版しかなかったようですが、JavaScript版は起動がとても早く、これからはJavaScript...
WordPress

【Gutenberg】ブロックエディタに文字数カウントを常時表示する

ブロックエディタに任意の要素を追加する方法を使用することで、文字数カウントを常時表示させておくことが可能です。 文字数カウントコンポーネント作成 Word Count パッケージを使用して文字数カウント用のコンポー...
開発

GitHub Actions で作業を効率化

最近CI/CDサービスが標準サポートされると発表されたGitHub Actionsですが、いろいろ試してわかった注意点などをまとめておきます。 色々試したリポジトリ 参考リンク 試したアクション ...
プログラミング

【Laravel】Laravel Dusk時に使用される .env ファイル

Laravel Dusk は Laravel で手軽にブラウザテストを行うためのライブラリです。 とても便利なライブラリですが、通常のユニットテストと環境変数ファイルに関する動作が大きく異なっているため注意が必要です。 通常使...
WordPress

Gutenbergのパッケージのバージョン取得ライブラリ

こちらの記事で紹介したAPIをより簡単に利用するためのライブラリです。 処理 以下の順でデータの取得を試みます。 ライブラリ内APIリポジトリ ライブラリ内 API更新用のリポジトリを req...
WordPress

Gutenbergのパッケージのバージョン取得API

Gutenbergは下位互換性はあまり考慮されておらず、破壊的な変更が度々発生します。 また、それぞれの環境で使用されているGutenbergや使用されているパッケージのバージョンを取得する方法がありません。 下記の記事で書い...
開発

Travis CI でビルドステージを使用する

ビルドステージとは、ジョブをグループ化し、ステージ内のジョブが終わってから次のステージに進むようなビルドを行うための仕組みです。 動作確認用のリポジトリ 基本的な使用方法 ステージの順番定義 sta...
開発

Travis CI の挙動まとめ

引っかかった点などのまとめ deploy.provider = releases で既にリリース済みに対してデプロイを行った場合 deploy.overwrite = true を設定しておくことで上書きしてくれます。 ...
開発

Travis CI の環境変数の出力例

使用可能な環境変数はこちらのページにあります。 ただ、どのような情報が入っているかがあまりわからなかったため、実際に動かして確認してみました。 動作確認用のリポジトリ masterへのマージとタブプッシュ時のみを...
タイトルとURLをコピーしました