開発

プログラミング

【Laravel】Laravel Dusk時に使用される .env ファイル

Laravel Dusk は Laravel で手軽にブラウザテストを行うためのライブラリです。 とても便利なライブラリですが、通常のユニットテストと環境変数ファイルに関する動作が大きく異なっているため注意が必要です。 通常使...
WordPress

Gutenbergのパッケージのバージョン取得ライブラリ

こちらの記事で紹介したAPIをより簡単に利用するためのライブラリです。 処理 以下の順でデータの取得を試みます。 ライブラリ内APIリポジトリ ライブラリ内 API更新用のリポジトリを req...
WordPress

Gutenbergのパッケージのバージョン取得API

Gutenbergは下位互換性はあまり考慮されておらず、破壊的な変更が度々発生します。 また、それぞれの環境で使用されているGutenbergや使用されているパッケージのバージョンを取得する方法がありません。 下記の記事で書い...
開発

Travis CI でビルドステージを使用する

ビルドステージとは、ジョブをグループ化し、ステージ内のジョブが終わってから次のステージに進むようなビルドを行うための仕組みです。 動作確認用のリポジトリ 基本的な使用方法 ステージの順番定義 sta...
開発

Travis CI の挙動まとめ

引っかかった点などのまとめ deploy.provider = releases で既にリリース済みに対してデプロイを行った場合 deploy.overwrite = true を設定しておくことで上書きしてくれます。 ...
開発

Travis CI の環境変数の出力例

使用可能な環境変数はこちらのページにあります。 ただ、どのような情報が入っているかがあまりわからなかったため、実際に動かして確認してみました。 動作確認用のリポジトリ masterへのマージとタブプッシュ時のみを...
WordPress

Gutenbergのブロック検索のキーワードを自由に設定できるようにしてみる

機能 ブロック検索に使用するキーワードをサイドバーから設定できるようにします。 いくつかのサイトでも言及されていますが、ブロックの検索キーワードが日本語になっているものがあります。 スラッ...
WordPress

Gutenbergプラグイン用のデータを永続化する

Gutenbergには store による状態管理を簡単に行う方法が用意されています。 さらにその状態をブラウザのローカルストレージに保持するための仕組みもあります。 設定を保存することで、より便利なプラグインを作成することが...
WordPress

GutenbergのregisterStoreで注意すべき点

より高度なGutenbergプラグインを作成する場合は registerStore を使用した状態管理が必須です。 実装方法によっては状態を変更してもすぐに画面に反映されないため注意が必要です。 例  例えば f...
WordPress

Gutenbergのブロックを一時的に隠すプラグインを作成しました

機能 一時的にブロックを非表示にできます。 スタイルを戻すことで表示状態に戻ります。 導入手順 最新版をGitHubからダウンロード hide-blocks-temporarily.zip 「プラグ...
タイトルとURLをコピーしました