WordPress

WordPress

Gutenbergエディタとクラシックエディタの判定やCSSの読み込み方法まとめ

エディタの判定 以下の方法でGutenbergエディタ(ブロックエディタ)とクラシックエディタを判定することが可能です。 $current_screen = get_current_screen(); if ( ( method_ex...
WordPress

Marker Animationプラグインの更新 v1.1.9~v1.2.4

Marker Animationプラグインは蛍光ペンを引くようなアニメーションを設定できるようにするWordPressのプラグインです。 v1.1.9 WordPress5.0のGutenbergエディタへの対応...
WordPress

GutenbergエディタのDOMを操作をしたい場合

今までのエディタでは「tiny_mce_before_init」フィルタなどのフックでクラスを付与したり色々な設定を変更したりすることができました。 Gutenbergでは同様の方法をとることができません。 新たにDOMの構築後...
WordPress

Gutenbergエディタ(ブロックエディタ)にボタンを追加する

WordPressのバージョンが5.0になり、エディタが新しくなりました。 これまでのTinyMCEとは異なりReactを利用したモダンな実装になっており、エディタへの機能の追加方法も大きく変わりました。 ここでは選択し...
WordPress

WordPressのTinyMCE投稿エディタでダイアログを出すボタンを追加する

WordPress5.0からGutenbergという新しい投稿エディタがデフォルトになりましたが、プラグインで前のバージョンの投稿エディタ(TinyMCE)はまだ使えます。 また新しいエディタ内でも「フォーマット」⇒「Clas...
WordPress

WordPressでマーカーアニメーション

先日マーカー(蛍光ペン)で線を引くようなアニメーションをつけるjQueryプラグインを作成しました。 せっかくなのでWordPressから簡単に使用できるようにプラグイン化しました。 導入方法 プラグインの...
WordPress

IPAに脆弱性報告しようとしたけど面倒になってやめた話

最近クラウドソーシングサービス上でWordPress関連の仕事の提案者の一覧でよく見かける人がいて、自身のホームページで体験版も公開していたのでダウンロードしてプログラムを見てみたところ PHPを動作させるソフトウェア(apacheや...
WordPress

WP Related Post JPプラグインの更新 v1.0.1.9~v1.0.3.0

v1.0.1.9 投稿一覧ページにインデックス結果を表示する機能を追加しました。 「表示」をクリックすると関連記事のスコアや重要語のスコア等が確認できます。 v1.0.2.0~v1.0.2.2 インデックス対象の文字数制限を...
WordPress

WordPressのアクションやフィルタの適用を最小限にする

「add_action」や「add_filter」によってフックすることでWordPressの機能を拡張することができますが、闇雲に追加すると他で追加されたものと競合したり不要な箇所でフックされたりして予期せぬ動作になってしまうことがありま...
WordPress

関連記事プラグイン「WordPress Related Posts」を使用するセキュリティリスク

関連記事の表示はサイトの回遊率を上げるのに非常に有効な手段です。 WordPressでは関連記事を取得する機能はないため、プラグインを利用したり自分で実装する必要があります。 試しに「wordpress 関連記事 プラグイン」で...