CSRF検出プラグインを作成しました

WordPress

GitHub

technote-space/csrf-detector
CSRF Detector for WordPress. Contribute to technote-space/csrf-detector development by creating an account on GitHub.

機能

SQLの実行 及び nonceのチェック を監視します。
nonceのチェック が行われる前に create insert update delete などの SQLコマンドが実行 されたときに

  • ログに保存
  • メールで通知
  • 処理を停止

を行います。

プラグインやテーマを本番環境で使用する前にCSRFの脆弱性がないかどうかを簡易チェックするために作成したものであるため、主にローカルでの使用を想定しています。

導入手順

  1. ZIPをダウンロード
  2. 『プラグインのアップロード』からインストール
  3. プラグインを有効化

設定

検知したときに処理を終了させるかどうか

CSRFと思われる動作を検知したときに処理を終了させてSQLが実行されないようにするかどうかを設定します。
[default = true]

検知したときのメール送信先

CSRFと思われる動作を検知したときに送信するメールの送信先を設定します。
カンマ区切りで複数指定可能です。
[default = ”]

監視するSQLコマンド

実行の監視を行うSQLコマンドをカンマ区切りで設定します。
[default = ‘create,alter,truncate,drop,insert,delete,update,replace’]

除外するオプションのパターン

監視から除外するオプションの検索パターンを正規表現で設定します。
キャッシュ等のために使用されるオプション値の保存などを除外するために使用します。
[default = ‘/^(_transient_|_site_transient_)/’]

GETメソッドを除外するかどうか

通常、値の追加・更新・削除等に使用しない送信メソッド GET HEAD TRACE OPTIONS を対象から除外するかどうかを設定します。
[default = false]

管理画面以外を除外するかどうか

WordPressへのログイン権限が必要な管理画面のみを対象とするかどうかを設定します。
CSRFは権限を持った人に意図しない操作をさせてその人の権限を悪用する攻撃であるため、権限が不要な操作はCSRFではありません。
フロント側でも何か権限を使用して更新するようなことがある場合は監視したほうがよいですが通常は不要です。
またプラグインやテーマが追加したページのみが監視対象である管理画面と異なり管理画面以外は対象が広いためCSRFではないにもかかわらず検知してしまう可能性が高いです。
[default = true]

同じホストからの送信を除外するかどうか

通常CSRFは攻撃者の用意した外部の罠ページから行われます。
ただしGETメソッドで攻撃可能な状態である場合、コメント欄等からでも攻撃可能な場合があるためデフォルトでは除外しない設定になっています。
またリファラを送信しないブラウザを使用している場合は常に異なるホストと判定されます。
[default = false]

管理画面からの送信を除外するかどうか

CSRFは攻撃者が攻撃用のコードを埋め込むことが可能な場所から行われます。
したがって通常は管理画面経由で行われることはありません。
プラグインやテーマの開発者はこの設定を false にすることで脆弱性の確認を手軽に行うことができます。
新しくプラグインやテーマを使用する際に脆弱性がないか確認する場合にも false に設定します。
[default = true]

アクションの実行

CSRFを検知した際に csrf_detector/csrf_detected アクションが発行されます。
以下のようなプログラムをテーマの functions.php などに追加すると検知時の動作を追加できます。

add_action( 'csrf_detector/csrf_detected', function ( $query, $backtrace, $target ) {
	var_dump( $query ); // 実行されたSQL
	var_dump( $backtrace ); // プログラムの実行履歴
	var_dump( $target ); // 検出した対象のプラグインまたはテーマ
	
	// exit;
}, 10, 3 );

要件

  • PHP 5.6 以上
  • WordPress 3.9.3 以上

注意事項

  • このプラグインで検知された場合でもCSRFではない場合があります。
    • 例:プラグイン内部での更新動作(アクセスするユーザの権限に関係なくサイトへのアクセスを起点に何か更新を行う場合)
  • CSRF全てを検知できるわけではありません。
    • init アクションより後が監視対象であるため、プラグインの読み込みと同時に更新するような行儀の悪いプラグインは検出できません
  • 設定によっては検知した場合に処理を停止するため、設定値などが想定していない状態になる可能性があります。したがって自分ですべてを復旧できる自信がある場合にご使用ください。
  • 開発版のため仕様等が変更される場合があります。

要望・バグ報告等

technote-space/csrf-detector
CSRF Detector for WordPress. Contribute to technote-space/csrf-detector development by creating an account on GitHub.

今後の予定等

technote-space/csrf-detector
CSRF Detector for WordPress. Contribute to technote-space/csrf-detector development by creating an account on GitHub.

使用しているフレームワーク

wp-content-framework/core
WordPress framework. Contribute to wp-content-framework/core development by creating an account on GitHub.

このプラグインで検知した脆弱性履歴(随時更新)

  • テーマ (関連記事
  • 9000+アクティブのプラグイン(関連記事
  • 200000+アクティブの短縮URL系プラグイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました