【CFiltering】1回あたりの最大計算数

計算プロセスではアクセス履歴をもとに計算を行います。

アクセス履歴がものすごく大量に保存されている場合、一度に全て取得するとメモリが足りなくなる可能性があります。

この設定は取得するアクセス履歴の上限を設定します。

サンプリングレートの設定がデフォルトの場合、計算プロセスでアクセス履歴の数がこの設定よりも多いとサンプリングレートが自動計算され、アクセス履歴の数が設定以内に収まるように調整されます。

デフォルトは10000です。