thumbnail

【Visual Studio 2017 C#】インストーラ作成の自動化

難読化後にインストーラ作成を行うソリューションの設定に関するメモ
難読化の自動化 の続き

目次


1.製品版と試用版をビルド構成で切り替えできるように設定

2.難読化の自動化

3.インストーラ作成の自動化 <-今ここ

4.setup.exe と Setup.msi のマージの自動化

5.ZIPにまとめる動作の自動化

インストーラプロジェクトの追加


1.Installer Projectsのダウンロードおよびインストール



2.製品版と試用版のSetup Project の追加

(以下はそれぞれSetupとSetup_trial)



3.ソリューションの構成を変更



4.プロジェクトの依存関係を設定



5.試用版(Setup_trial)の出力ファイル名を修正



6.Application Folder にプライマリ出力を追加





7..NET Frameworkの起動条件のバージョンを適宜変更







8.必要に応じて製品版と試用版それぞれにショートカットの設定やファイルの追加、ダイアログの追加等を行う



次 ⇒ setup.exe と Setup.msi のマージの自動化