GASによるアクセス急増を監視でGmailに送信してみる

プログラミング

Google Analyticsのリアルタイムユーザー数をGASを使用して監視して、閾値を超えたらslackに送信することは簡単に実装できました。

Google Analyticsのリアルタイムレポートを利用してアクセス急増を監視
Google Analyticsのリアルタイムレポート機能とGoogle Apps Scriptを使用して簡単に簡易サーバ監視を作成できたのでその手順を記録しておきます。機能 15分おきにリアルタイムのユーザー数を取得 設定してある閾値

slackを普段使用していない場合はメールのほうが便利かと思うので、その方法も試してみました。

送信先をプロパティに設定

  1. 「ファイル」→「プロジェクトのプロパティ」を選択します。
  2. スクリプトのプロパティに「MAIL_TO」で送信先を設定します。

プログラムを書き換える

前回使用したプログラムを、Gmailを使用してメールを送信するように書き換えます。

送信先は上記で設定した「MAIL_TO」です。

function notify(number) {
  var THRESHOLD = PropertiesService.getScriptProperties().getProperty("THRESHOLD");
  if (number > THRESHOLD) {
    //slack(getTitle(number, THRESHOLD), getMessage(number, THRESHOLD));
    mail(getTitle(number, THRESHOLD), getMessage(number, THRESHOLD));
  }
}
function mail(title, message) {
  var MAIL_TO = PropertiesService.getScriptProperties().getProperty("MAIL_TO");
  MailApp.sendEmail(MAIL_TO, title, message);
}

実行

function test() {
  notify(51);
}

のようなプログラムを追加し、「実行」→「関数を実行」から実行させます。

初めての実行時は承認が必要です。

「許可を確認」から承認します。

一度承認すれば次回からは必要ありません。

上手くいけば以下のようなメールが届くはずです。

まとめ

GASはGoogleのサービスなだけあってGmailなどのサービスとの連携がとても簡単にできます。

うまく使えば非常に強力なツールを作成できると思うので、もっと活用していきたいですね。

コメント