Gutenberg用の校正プラグインを作成しました

WordPress
technote-space/y-proofreading
WordPress plugin to add feature of Japanese proofreading - technote-space/y-proofreading

機能

Yahoo!API の校正支援APIを利用して校正を行います。

導入手順

  1. ZIPをダウンロード
  2. 『プラグインのアップロード』からインストール
  3. プラグインを有効化
  4. Yahoo! API の Client ID を設定
    1. https://developer.yahoo.co.jp/yconnect/v2/registration.html
      アプリケーションの種類は「サーバーサイド」
    2. 管理画面左メニュー『Y Proofreading』⇒『ダッシュボード』に移動
    3. 『Yahoo!API の Client ID』に取得した アプリケーションID を入力して『更新』ボタンを押下
      (シークレットは使用しません)

使用方法

校正機能の使用

サイドバーの「文書」タグの「校正」から実行します。

結果の表示

結果はサイドバーに表示されます。
マウスでホバーすると指摘事項がポップアップで表示されます。

指摘事項の一覧表示

『文章校正支援情報』タブから指摘の一覧を見ることが可能です。

再度実行

『再度実行』から再度校正を行うことができます。

サイズ設定

右上の三点リーダー⇒『サイズ設定』からサイズ設定を行うことができます。

プラグインの再固定

プラグインの固定を外してしまった場合、右上の三点リーダー⇒『再度固定』から再度固定できます。

設定

Dashboard

Yahoo!API の Client ID

Yahoo! ID連携:Client IDを登録する - Yahoo!デベロッパーネットワーク

取得したアプリケーションIDを設定します。
アプリケーションの種類は「サーバーサイド」です。
シークレットは使用しません。

除外する指摘

不要な指摘事項を除外できます。

Yahoo!API 校正支援

テキスト解析:校正支援 - Yahoo!デベロッパーネットワーク
Yahoo!デベロッパーネットワークで公開している校正支援APIは、日本語文の校正作業を支援する機能を提供しています。

利用制限

プラグイン自体には特に利用制限はありませんが、利用している Yahoo!API 側に利用制限があります。
https://developer.yahoo.co.jp/appendix/rate.html

1リクエストあたりの制限

100KB

24時間以内のリクエスト数制限

50000件

要件

  • PHP 5.6 以上
  • WordPress 5.0 以上

要望・バグ報告等

technote-space/y-proofreading
WordPress plugin to add feature of Japanese proofreading - technote-space/y-proofreading

今後の予定等

technote-space/y-proofreading
WordPress plugin to add feature of Japanese proofreading - technote-space/y-proofreading

使用しているフレームワーク

wp-content-framework/core
WordPress framework. Contribute to wp-content-framework/core development by creating an account on GitHub.

コメント

タイトルとURLをコピーしました