TypeScript

GitHub Actions で次のリリースバージョンを取得する

はじめに みなさんはコミットメッセージをちゃんと書いていますか? 修正、新規機能、ドキュメント更新など、コミットで行う変更の種類による型 及び 説明をもたせる Conventional Commits という仕様があります。 ...
ツール

READMEの目次の生成を自動化するGitHub Actions

READMEなどの目次を自動生成する GitHub Actions です。 導入手順 目次の位置を指定する 目次を入れたいマークダウンファイル内に以下のようなコメントを追加します。 例:README.md ...
ツール

npmパッケージ公開時にpackage.jsonのバージョンが正しいかチェックするGitHub Actions

概要 想定しているフロー default branch からリリース用ブランチを作成(例:release/v1.2.3)機能追加用ブランチ(例:feature/#123)やバグ修正用ブランチ(例:fix/#321)を切って開発...
JavaScript

GitHub Actions のログを見やすくする

console.log や process.stdout.write でログに出力できますが、特定のフォーマットで出力することでログが見やすくなります。 フォーマット warning 警告メッセージを表示する際に使用しま...
JavaScript

GitHub Actions のリリース手順を自動化する GitHub Actions

GitHub Actions の種類にはDockerコンテナ版とJavaScript版があります。 元々はDocker版しかなかったようですが、JavaScript版は起動がとても早く、これからはJavaScript...
JavaScript

【Gutenberg】ブロックエディタに文字数カウントを常時表示する

ブロックエディタに任意の要素を追加する方法を使用することで、文字数カウントを常時表示させておくことが可能です。 文字数カウントコンポーネント作成 Word Count パッケージを使用して文字数カウント用のコンポー...
ツール

GitHub Actions で作業を効率化

最近CI/CDサービスが標準サポートされると発表されたGitHub Actionsですが、いろいろ試してわかった注意点などをまとめておきます。 色々試したリポジトリ 参考リンク 試したアクション ...
プログラミング

composerのscriptsで作業効率化

コマンドを短縮する いくつかのオプションを付けたコマンドを定義することでコマンドを短縮できます。 例: "scripts": { "phpcs": [ "phpcs --standard=./ph...
JavaScript

【Gutenberg】ブロックエディタに任意の要素を追加する

基本はReact ブロックエディタは React なので、ブロックエディタの持っている情報などを利用するには React を使用したほうがよいです。 コンポーネントを作成 通常通りにコンポーネントを作成します。 d...
PHP

【Laravel】Laravel Dusk時に使用される .env ファイル

Laravel Dusk は Laravel で手軽にブラウザテストを行うためのライブラリです。 とても便利なライブラリですが、通常のユニットテストと環境変数ファイルに関する動作が大きく異なっているため注意が必要です。 通常使...
タイトルとURLをコピーしました